FC2ブログ

テート・モダン(イギリス4)

 2011-09-25
イギリス最終回です。
イギリス旅行は、女2人旅だったのですが、自分たちで旅行の計画を立てたことがなかったので、
ちょっと怪しい旅でした
でも、なんとか目的の場所へ行って、計画通りに無事帰って来れました
唯一の失敗は、値段だけで選んでしまったホテル
3泊全てが、トイレとお風呂共同でした
日本にいるときは、共同なんてムリだった私ですが、この半年で強くなるものですね~w

今回は、テート・モダン(Tate Modern)を紹介します。
DSC03292.jpg DSC03294.jpg DSC03246.jpg 

イギリス・ロンドンのテムズ川畔、サウス・バンク地区にある国立の近現代美術館です。
以前、発電所だった建物を再利用しているそうで、外観は古かったですが、中はとても近代的で
展示スペースも広いのに迷わない造りでした。
展示の仕方が変わっていて、年代順ではなく
"キュビズム“、”シュルレアリスム”のように主要芸術運動ごとに分けて展示してありました。
DSC03247.jpg DSC03266.jpg

ここは、ピカソのような超有名な作家の作品もたくさんあったのですが、
私が気に入った作品はこちら~
DSC03256.jpg DSC03259.jpg
Gerhard Richter  Cage
とても大きな作品でした。たぶん3mぐらいはある絵が、1つの部屋に6枚ど~んとある感じでした

DSC03271.jpg
Do Ho Suh  StaircaseⅢ
韓国の作家です。絹とナイロンで作られた作品
この部屋は大人気で、みんなが写真を撮っていました

イギリスは本当に、現代アートを見るのにはいい場所でした。
実は、大英博物館のような有名なところは行かずに、現代美術館ばかりを回ってしまいました
次回からは、またパリのことを書きます



関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://marikoworks.blog41.fc2.com/tb.php/48-dc0d7975

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫