FC2ブログ

ポンピドゥーセンター

 2013-08-09
ポンピドゥーに行ってきました。

大好きなカンディンスキーなどがある美術館ですが、今回は二つの特別展を中心に鑑賞。

ロイ・リキテンスタイン
(Roy Lichtenstein)展



アンディ・ウォーホルらとともにポップ・アートの代表的な画家。新聞連載の通俗な漫画の1コマを、印刷インクのドットまで含めてキャンヴァスに拡大して描いた作品群で有名。漫画の持つ単純だが強烈な線、単純化された色彩などの表現力を油彩で表現している。(Wikipediaより)

実物を見て、手描きだったことを知りました。あのドットも全部手描き!
リキテンスタインの製作風景の映像を見たのですが、線を描くときの迷いのなさに感動しました!

シモン アンタイ
(SIMON HANTAÏ)展


ハンガリー出身で、20世紀後半を代表する抽象画家。
初めて見た画家でした。マチエールにこだわって、色々な研究を重ねて作品にしている感じでした。
中でも、絞り染めの技法を取り入れた作品が面白かったです。
私の写真の腕では伝えきれない(T_T)
関連記事
スポンサーサイト



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://marikoworks.blog41.fc2.com/tb.php/118-b804b0b0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫