ヴェルサイユ宮殿

 2011-09-27
先日、日本から遊びに来た母と、叔母と3人で
ヴェルサイユ宮殿に行ってきました

ベルサイユのバラが大好きな私ですが、
ベルサイユ宮殿に行くのは実は初めてでした。

母と叔母はツアー旅行で来ていたので、
自由時間の半日しか一緒にいられず

半日しかないということで、
ヴェルサイユの観光も絞って、宮殿だけにしました。
本当は、素敵な庭園とか、
マリーアントワネットの離宮、プチトリアノンも見たかったのですが
今回はカットごめんね~。

でも、カフェしたり地下鉄に乗ったりウチの周りも案内できて
喜んでくれたんじゃないかな

DSC03349.jpg
母と私ですヴェルサイユ宮殿の前。とっても広いです

DSC03359.jpg
王室礼拝堂。中には入れませんでしたが、そこだけが静かで神聖な空気でした。天井画が素敵

DSC03373.jpg
鏡の間ヴェルサイユに来たらここは見ておかないと~!
でも、人が多すぎてゆっくりベルバラを思い出すこともできず

DSC03387.jpg
王妃の居殿大人気でした。マリーアントワネットも使ったお部屋です。
お部屋の装飾が、他の部屋とは違って可愛くて、とっても女性的なお部屋した
スポンサーサイト
タグ :

テート・モダン(イギリス4)

 2011-09-25
イギリス最終回です。
イギリス旅行は、女2人旅だったのですが、自分たちで旅行の計画を立てたことがなかったので、
ちょっと怪しい旅でした
でも、なんとか目的の場所へ行って、計画通りに無事帰って来れました
唯一の失敗は、値段だけで選んでしまったホテル
3泊全てが、トイレとお風呂共同でした
日本にいるときは、共同なんてムリだった私ですが、この半年で強くなるものですね~w

今回は、テート・モダン(Tate Modern)を紹介します。
DSC03292.jpg DSC03294.jpg DSC03246.jpg 

イギリス・ロンドンのテムズ川畔、サウス・バンク地区にある国立の近現代美術館です。
以前、発電所だった建物を再利用しているそうで、外観は古かったですが、中はとても近代的で
展示スペースも広いのに迷わない造りでした。
展示の仕方が変わっていて、年代順ではなく
"キュビズム“、”シュルレアリスム”のように主要芸術運動ごとに分けて展示してありました。
DSC03247.jpg DSC03266.jpg

ここは、ピカソのような超有名な作家の作品もたくさんあったのですが、
私が気に入った作品はこちら~
DSC03256.jpg DSC03259.jpg
Gerhard Richter  Cage
とても大きな作品でした。たぶん3mぐらいはある絵が、1つの部屋に6枚ど~んとある感じでした

DSC03271.jpg
Do Ho Suh  StaircaseⅢ
韓国の作家です。絹とナイロンで作られた作品
この部屋は大人気で、みんなが写真を撮っていました

イギリスは本当に、現代アートを見るのにはいい場所でした。
実は、大英博物館のような有名なところは行かずに、現代美術館ばかりを回ってしまいました
次回からは、またパリのことを書きます



タグ :

サーチ ギャラリー(イギリス3)

 2011-09-25
イギリス第3弾今回はロンドンの美術館です。
ロンドンはとっても素敵な街でしたパリと東京の中間みたいな感じで、
パリよりも少し進んでいて東京ぽさもあるような、街並も古い建物と新しい建物があって、
今、私のもう一度行きたい街ランキング1位です
DSC03309.jpg DSC03207.jpg

サーチ・ギャラリー (The Saatchi Gallery)はロンドンにある現代美術専門の美術館です。
展示の仕方がとってもゆったりしていて、ゆっくり鑑賞できる感じでした。

DSC03209.jpg
DIRK SKREBER Untitled(Crash1).(Crash2)
車がグニャグニャに曲がっていました

DSC03213 1
FOLKERT DE JONG Seht der Mensch; The Shooting Lesson
これは、一見かわいらしい感じですが、 顔は怖くて、
発泡スチロールでドロドロした感じになっているのも気味が悪くて、
そのギャップが素敵でした

DSC03219.jpg DSC03218.jpg
DAVID THORPE Private Lives
これは、花びらや茎の一つ一つを切り抜いたものを、貼ってありました。
根気のいる作業だろうな~。でも楽しそう
花柄好きにはたまらない作品でした




タグ :

テート・リバプール(イギリス2)

 2011-09-23
最初に行ったリバプールの美術館 “テート・リバプール” を紹介します
リバプールは、とてもいい街でした。
地図を持って困っていると、声をかけてくれる人ばかりで、
ほとんど下調べせずに行ったのですが、私の片言の英語でもなんとかなりました

テート・リバプール(Tate Liverpool)は、
イギリス・マージーサイド州リヴァプール市にある国立の近現代美術館です。
ロンドン以外のイングランドで最大の近代美術・現代美術の展示品数らしい
DSC03103.jpg DSC03108.jpg DSC03124.jpg
イギリスの美術館は、ビックリなことに基本無料でした
それなのに、展示されている作品はとても有名なものばかり
なんて素敵な国~
展示作品はとてもたくさんありました驚きの連続でした

DSC03137.jpg
一番驚いたのはこれ
アントニー・ゴームリー(Antony Gormley)の、「ベッド」という作品です。
これ、なんと全部食パンでできています 
それを歯でかじったような感じで、人形にくり抜いてあります。

DSC03140.jpg
サルバドール・ダリ(Salvador Dali) 「ロブスター・テレフォン」

DSC03112.jpg
これもキレイでした。作家は見るのを忘れました
立方体に丸い穴が開いていて、のぞくと万華鏡のようになっていました 
ここの美術館は、階ごとに壁の色が違ってかわいかったです
他の美術館についてはまた次回
タグ :

イギリス

 2011-09-17
お久しぶりの更新です
イギリスに行ってきました

留学が決まったときからロンドンの現代アートを見てみたくて、
やっと実現しました。
リバプール、チェスター、ロンドンを回る旅

リバプールでは、美術館と、街を散策して、
DSC03079.jpg DSC03100.jpg

チェスターでは、中世の面影を残す街を友達の友達に案内してもらいました
DSC03155.jpg DSC03190.jpg

ロンドンでは美術館とミュージカル(Billy Elliot)を見ました。あと、アフタヌンティーも
DSC03307.jpg DSC033012.jpg DSC03312.jpg

素敵な旅でした
また、美術館のことを別で書きたいと思います
タグ :

ポンピドゥー・センター

 2011-09-06
先日、ポンピドゥー・センター(Centre Pompidou)に行ってきました
ポンピドゥーはフランスの国立近代美術館で、パリの3大美術館のひとつです。
20世紀初頭~現在の作品をみることができます
DSC03051.jpg
ポンピに行くのはパリに来て2回目でした。

パリに来て間もない頃に来た1回目
後輩とポンピで待ち合わせをして、地下鉄で向かい
ポンピの最寄り駅が大きすぎて道に迷い、1時間の大遅刻しかも、駅まで迎えに来てもらいました
でも、今回家から徒歩できたら15分ぐらいの近所だったことが発覚
あのときは、本当にごめんなさい

前回は現代の作品を中心に見ました。
こんな感じ
DSC00231.jpg DSC03046.jpg

今回は20世紀初頭のほうを中心に見ました。
ピカソ、マティス、ボナールなど、有名な巨匠達の作品がたくさんありました
今回初めて、カンディンスキーが好きなことに気づきました
いいな~と思って立ち止まる絵のほとんどが、カンディンスキー
帰って、撮った写真を見たら、カンディンスキーばかりでした。
カンディンスキーは昔から知ってたんですよ
これも、本物のパワーですね。写真で見ていても何も感じなかったのに、
実物はとっても魅力的でした
カンディンスキーさんの作品です
DSC03032.jpg DSC03018.jpg
DSC03020.jpg DSC03028.jpg

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫